futuunohitox’s diary 普通の人Xの危険な日常「突き進め!」(心)

「心に聞く」と「本音モード」を軸にしながら。日常や興味をもったことを大発信!!セールスコピーライターです。お問い合わせは0123salesa(a)gmail.comまで(a)を@に変えてください。

【2017年版】作家・ライターになりたいなら、絶対コレ読んどけ!!

(2017年版)作家・ライター・コンテンツクリエイターの

                座右の書

オススメの本です。

 

コンテンツライターという言葉もでききますが、

読んでみると、「物書き、ライター」として成功し続けるための

習慣、行動方式、着眼点などについて書いてある本です。

 

【目次】

PART1 ライティングの法則 

もっとうまく書く方法(と少ししか書けないこ とを憎む方法)

PART2 ストーリーの法則

PART3 出版の法則

PART4 コンテンツの法則

PART5 コンテンツ・ツール

 

あなたは、文章を書くのが得意だろうか。

残念ながら、得意とは言えない人が多いのではないかと思う。

現代のビジネスパーソンのスキルの中で、
最も敬遠されているのが“ライティングの技術(書く技術)”ではないだろうか。

ライティングは特別な人だけに必要な技術だと思っているとしたら、大間違いである。

もしあなたがメールを利用するなら、もしあなたがツイッターフェイスブックに参加しているなら、もしあなたが資料を作るなら、もしあなたが……。

そうなのだ。ウェブサイト、ブログ、メルマガ、セールスコピー、プレゼン資料、そしてフェイスブックツイッター、ユーチューブなど、すべてのコンテンツには書くことが求められている。

そういう意味では、誰もがライターなのである!

だけど、書くことに自信がないといういう人も多いだろう。
そんな“書くのが苦手”という人に朗報である。本書がすべてを解決してくれるからである。

本書は、「ライティングはアートではない、スキルである」と言い切る。


また、「基本的なスキルを身に付ければ、誰でも書けるようになる」と断言する。そして、書くための具体的な方法(64個もの法則!)を教えてくれるのだ。もちろん、具体的な事例もたっぷり紹介してくれる。

もっとうまく書くことができれば、もっと顧客や見込み客にアピールするコンテンツを作れるだろう。書く技術を諦めることは、顧客や見込み客と接する機会、説得する機会をドブに捨てているようなものである。

 

「ライティングは習慣であって、アートではない」

インターネットマーケティングにおいて
コンテンツが重要とされている今、
この言葉はまさに金言と言えるでしょう。

ふと日常生活を振り返ってみれば、
あなたもすでに自分が毎日「書く」
という作業をしていることに気づくはずです。

電子メールを書き、FacebookTwitter
Instagramに投稿している・・・
あるいは有名人のブログにコメントを
書き込んでいるかもしれません。

そうした投稿のすべてがライティングであり、
書かれたものすべてがコンテンツなのです。

特に企業が発信するコンテンツに関しては
売りにつながる記事を書かないと、
ごみくず同然になってしまいます。

売りにつながる記事を書くための
「64の法則」を知らなければ、

どんなにコンテンツを増やしても、
あなた会社の商品やサービスに
興味を持ってもらうことは厳しいでしょう。。。


http://directlink.jp/tracking/af/1486582/52uBrf0t/

 

ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。


それが、、、

”面白いコンテンツが作れない”

ということ。

事実、ある米国の調査によると、
コンテンツ・マーケティングの課題の1番は
「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」です。

いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、
いくら、多くのメディアを使っても、、、
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、

結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。

では、、、
お客さんを集める記事と
見向きもされない記事は何が違うのか?

その答えは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1486582/52uBrf0t/

 

もし、あなたが

・ネットの訪問者をお客に変える方法が分からない。
・ブログやメルマガ、フェイスブックを始めたいが
 何を書けばいいか分からない。
・読者を惹きつけるコンテンツの作り方が分からない。

といったことに悩んだことがあるなら



「コンテンツ・マーケティング64の法則」
が役に立つでしょう。

http://directlink.jp/tracking/af/1486582/52uBrf0t/




ブログ、フェイスブック、メルマガ、Twitter
といったメディアを使って
集客しようすると必ずぶち当たる壁。。。


それが、、、

”面白いコンテンツが作れない”

ということです。


事実、ある米国の調査によると、
コンテンツ・マーケティングの課題の1番は
「夢中にさせるコンテンツを作れないこと」で、
全回答の41%を占めています。


いくら、YouTubeなどの新しいメディアを取り入れても、、、
いくら、多くのメディアを使っても、、、
いくら、1日に3回も5回も記事を更新しても、、、


結局のところ、面白いコンテンツが
作れなくては何の価値もありません。


では、、、

お客さんを集める記事と
見向きもされない記事は何が違うのか?

お客さんをファンにする記事と
そうでない記事では何が違うのか?

売上に直結する記事と
いい話聞いたなで終わる記事では何が違うのか?


その答えは、、、

http://directlink.jp/tracking/af/1486582/52uBrf0t/