futuunohitox’s diary 普通の人Xの危険な日常「突き進め!」(心)

「心に聞く」と「本音モード」を軸にしながら。日常や興味をもったことを大発信!!セールスコピーライターです。お問い合わせは0123salesa(a)gmail.comまで(a)を@に変えてください。

『ちいさなことにイライラしなくなる本』(大嶋信頼著) 負の怒りと正の怒り 負の怒りは必要なひとほど離れる!?

↓コチラです。

ちいさなことにイライラしなくなる本

 

あれ?

色々書きたい!と思ってたんですが・・・・

パソコンに向かったらなんか別に書かなくもいいような。

 

最後の方に書いてある、

正の怒りと負の怒りを読み直してたんですよ。

 

最近、怒りとトラウマと過覚醒とか気になりまして。

最近と言っても2−3日前からですけど。

いろんな本とかブログとか読んでて。

 

負の怒りが、

人間関係、仕事のチャンスを壊してしまう・・・

 

そんな文章がスルスル入ってきまして。

トラウマ、過覚醒とはちょっと違うかもしれないんですが。

でも、関連するのかな?

 

自分の現状のテーマとも合致するなと。

 

しかも、これって「豊かさ」とも直結するなと。

仕事のチャンスを失うっていうのはそのものですが。

仕事とかお金だって大部分は「ひと」の縁を通じて入ってきますよね。

それを負の怒りで壊してたら。。。。

ダメですよね。

ダメというか。ムダに苦労する?

 

こういうのって、成功者といわれるひとでも、

あることなのかなと。

 

スティーブ・ジョブズとか。

最後は、華々しく成功しましたけど、

そこにいたる迄、結構壊しまくってますよね。

 

だからこそ、ああなれた。

みたいなところもあるかもしれない。

正しいとか間違ってるという問題ではないのかな。

 

逆に、ビル・ゲイツとか対照的ですよね。

ビジネスマンとしての安定感。

 

どっちがいいかって問題じゃないですけどね。

「正の怒り」と「負の怒り」誰でも、どっちももってるのかな。

 

ビル・ゲイツスティーブ・ジョブズはでてきませんが、

「正の怒り」と「負の怒り」、怒りを「正の怒り」にする方法とか書いてあって、

オススメですよ。 

ちいさなことにイライラしなくなる本