futuunohitox’s diary 普通の人Xの危険な日常「突き進め!」(心)

「心に聞く」と「本音モード」を軸にしながら。日常や興味をもったことを大発信!!セールスコピーライターです。お問い合わせは0123salesa(a)gmail.comまで(a)を@に変えてください。

やっぱ本はきちんと読まないとダメですね。

「トラウマちゃん」読んでますが、前に思ったほど嫌な感じなんてないです。

 

それ、あなたのトラウマちゃんのせいかも? 

あなただけの簡単な言葉を唱えるだけで、”いまここ”で楽になる!

むしろいいです。こういうことだったのか…と。もちろんまだ完全には体得してないと思うのですが。

ちゃんと読み始めて数日で、

「〇〇の恐怖」で脳の過覚醒がおさまる感覚を感じ始めてます。

 

今日の朝起きたら、

ちょうど良く私の中で恐怖がじゅわーと広がってました。いつもなら怒りなどで回避というか撃ち破ろうとするのですが…笑

 

今日は、感じている恐怖を唱えてみる。

(そこまで複雑ではないですが、やり方にコツがあるので気になる方は本やこの方法関連のワークショップをチェック)

そういえば、前にやったときは、

「恐怖唱えてるけど、全然感じられてないな」とか思ったりしてました。

 

でも、ちゃんと本読んでると、

別に映像とかで生々しく恐怖を再現する必要とかないんですね。

というか、その辺りがこのテクニックのポイントだったりする。

 

これが、私のトラウマだ❗️って思ってる映像記憶とかって回避システムらしいのです。その記憶から怒りを誘発させて、本当のトラウマちゃんに直面するのを避ける。

そういう仕組みだった。

 

コトバで唱えるだけでいいのかよー

と思うんですがこれが回避システムを発動させない方法でもあるんですね。

 

つまり、これも邪魔の排除とか、呪文や遺伝子コード唱える感覚に近いところあるのですね。

 

ちゃんと読むと深〜いです。

というか読み物として面白いです。