futuunohitox’s diary 普通の人Xの危険な日常「突き進め!」(心)

「心に聞く」と「本音モード」を軸にしながら。日常や興味をもったことを大発信!!セールスコピーライターです。お問い合わせは0123salesa(a)gmail.comまで(a)を@に変えてください。

なにこれ・・・・・・・・また変わった夢みたんですが。人生で一番変わってたかもしれない。夢自体が生き物みたいな夢だった。

f:id:futuunohitox:20170806062011j:plain

また夢をみた。変わった夢をみてしまった。。。

「〇〇の恐怖×7」の影響なのだろうか・・・

だとしたらこのテクニック地味だけど凄いかもしれない。

 

ひとことでいうと、夢自体が生き物のようにアノ手コノ手で私を温かい気持ちにさせようとしてきました。伝わるかな〜。3つの場面に別れますが。

 

まずは、睡眠に入りつつあるタイミングで。

まだ布団の上に寝ている感覚は残っているのですが、、、夢が早くも始まる。

そしたら、ちょっと細かいところは忘れてしまいましたが、、、

とにかく、何かを呼ぶ為に、楽しむのが一番良い♪と”夢”が言ってきました。

”夢”じゃなかったかもしれないけど、とくていのキャラクターとか人物ではなくて、、

ブワブワした周りの空気全体、みたな。

それで楽しもう!って始まって!気持ちが段々楽しくなってきた。

そしたら周りの景色(ここまでは目をつぶっていても、夢として部屋の中をみてたんですが)が黄色っぽく変わっていって、どんどん楽しい気持ちになってきて・・・なぜか、クリスマスの音楽が楽し気に始まり「クリスマス???」「コノ時期に???」「冷房つけてますけど???」と思っていたらまた、”夢”が「楽しければこれでいいの。この音楽がピッタリなの♪」といいます。それでどんどん、周りの空気が楽しそうに振動しはじめて、”夢”が私と一体になって楽しんでいきます。この楽しさで「何か」を呼ぶらしいのですが、、、「何か」がなんだったか思い出せません。宇宙人??だったかな。そしたら、手みたいなのが空気というか”夢”からでてきて、私のカラダを触る?というか触れ始めて「なんだこりゃ!!」と私はそこでいきなりビックリ。ビックリして、無理やり、肉体に意識を戻して、動かして目をさましてしまいました。

 

目が醒めても、半分睡眠状態なので、夢の名残がなんとなくあります。目を覚ます直前くらいに、”夢”のようなブヨブヨした空気みたいなのが「楽しませたいんだよ、楽しませたいんだよ!」となんとも、ちょっと、とぼけた感じと言うか。天然みたいな感じのことを言ってるのが聞こえました。

 

なんだったんだ今の夢は、、、と思いながらまた寝たんですが。

すぐ次の夢がはじまった。

 

これは詳細ほとんど忘れたんですが、温泉巡りみたいなことをしてて、、、

さあ、入りましょう!って言われて入ったら、めちゃくちゃ汚い沼みたいなとこで「なんだよこれっ」って言いながら慌てて這い上がります。そんな嫌な感じはなくて、悪ふざけにひっかかったような気分。そしたら男の人がドタドタと出てきて、謝りながら「楽しませようと思って、悪気はなかったんだ、悪気はなかったんだ」みたいなこといってきます。さっきの”夢”みたいなこと言ってました。

 

そして、最後の場面。

私は高校生に戻っている。大学受験に勉強が間に合わない。

もうどうにもならない。。。みたいな場面。

実は、この夢何度も見てるんです。数ヶ月に1回くらい。未だに見る夢。

いっつもかなり苦しくて、暗いんですが。

今回も暗い感じで。焦ってるけど、どうにもならない。そんな感じ。

悩みながらコンビニに向かって歩いてて、ふと、コンビニの裏をみると、

海があって、いきなり、凄い田舎の港町みたくなってます。

コンナ⇩感じ。

f:id:futuunohitox:20170806062011j:plain

そしたら港町のおじさんが声だけで登場します。

「あそこに温泉あるんだよ」

そう言われて前を見るといきなり中くらいのタンカーのような形の船が目に入ります。

私もなぜか、そのタンカーの中に温泉があることを思い出します。

そして、そのタンカーのなかにある温泉に遊びにいった記憶がでてきます。

(夢のなかの記憶ってその瞬間につくりだされるんですよね)

「また一緒に温泉いこうや」

おじさんがそういうのですが、その瞬間、まさしく、下からボディパンチを打たれるように、強烈な懐かしさと温かい気持ちが打ち込まれます。(これがかなり強烈で感情そのものを打ち込まれて、お腹から全身にじわーーと勢いよく広がる感覚)

「また一緒に温泉いこうや」ともう一発。

「また一緒に温泉いこうや」と3発目を食らった時点で、その夢の景色がすーーーっと、遠のき、同時にm強烈な懐かしさと温かさがじわーーーと打ちこまれた勢いで涙が本当にでてきながら、目をさましました。

 

なんだったんだこの夢は。

 

だいぶ読み辛い記事になってますが・・・眠いのでこのままにして寝ます。