futuunohitox’s diary 普通の人Xの危険な日常「突き進め!」(心)

「心に聞く」と「本音モード」を軸にしながら。日常や興味をもったことを大発信!!セールスコピーライターです。お問い合わせは0123salesa(a)gmail.comまで(a)を@に変えてください。

無意識に戻る。無敵の無意識。

これまで独り言のように書きまくってきましたが・・・

いきなり読者というものができてビビった。。。

 

心よ、何を書いたらいいの?

ー無意識に戻る。

 

先日バル行って⇩コレ買ったんですが。

まあ、題名通り「無意識さん」について詳しく書かれている。

 

心よ、何を書いたらいいの?

ー無意識に戻る。

 

ついさっき下書きから公開にした⇩コノ2記事関連のような気もする。

 

ここ数日は心に聞くと、

どっかの記事に書いたような気もするし、書いてなかったかもしれませんが。

心に聞いてたら「動じない」的なことを言われることが何回かあった。

 

よくわからんな。当たり前すぎるな。無意識っぽくないな。と思ってた。

 

でもなんとなく「動じない」ということで

スルスルと無意識の中に落ちてゆけるんじゃないかと思ったりもする。

 

特に「意識のゲーム」で「お手上げ!!」となった時。

そのゲーム盤自体から降りてしまう。

 

『無意識さんの力で無敵に生きる』の中に

・無意識=ホワイトボード

・意識=黒い小さなドット

という例えがある。

 

でも、人はドットを一度見つめ始めると。。。

気持ちがどんどんドットに集中してゆく。

 

気付いたら目の前が真っ黒に思えてくる。

 

つまり強い意識状態はホワイトボードが全然見えてなくて。。。

ほんの小さな点でしかない「小さなドット」が

全世界のように思えてしまっている状態。

 

だから。

意識状態こそ、催眠状態

なんてことがかいてあったりします。

 

心に聞いてて、よく、心が行ってた「無敵の無意識」とか「天国の奥義」とかって。

結局このことだったのではないか。

 

私が意識的に答えを解決しようとしてる。

その「強い意識状態=催眠状態」自体が問題をつくりだしてるてきな。。。。

 

もっといえば。。

だからこそ、

無意識にしたがっていれば、その問題は自動的に解決してゆくだよ

ということだったのではないか。

 

つーか、そもそも「心に聞く」ってそういうメソッドだったか。。。。

 

前半で書いた「動じない」というのは・・・

 

「勝った!」「負けそうだどうしよう!」「よし!次はこんな手を打つぞ!」

こんな意識状態から手を離していって

力を抜いて無意識の中に落ちてゆく・・・・

 

すると「無敵の無意識」の自動操縦が始まる!!

 

みたいなことなんじゃないかと。

 

あ、これもコノ本に書いてあったかも。。。。